コース紹介course

高校コース・選択

美術科

基礎的技能の確実な習得と専門的な知識・表現力をパーフェクト指導

美術が好きな人、絵を描くことが好きな人がさらにレベルアップできるように指導していきます。
基礎・基本の徹底とともに、専門的な4領域の中から、3年間で最大3領域まで選択できる、柔軟なカリキュラム。また、基礎的なCGの授業が必修で受講できます。更にイラストやマンガ制作、大学と連携したワークショップ、美術館での芸術鑑賞など、生徒のニーズに沿ったバラエティ豊かな取り組みも行っています。

美術科のPOINT

  • 全国レベルのコンクールで上位入賞多数
  • 京都精華大学との連携により、年間を通して多数のワークショップを実施
  • 第一志望校全員合格を誇る高い実績

美術科4つの領域

専門的な4領域の中から最大で3領域まで受講可能

絵画領域
「洋画」「日本画」「アクリル画」など、絵を描くと言ってもいろいろな分野があります。絵画領域では、幅広い様々な制作体験を通して、作品づくりの根本である「観察力」「描写力」「構成力」という3 つの力を育て、将来にわたって通用する真の実力を身につけます。
デザイン・映像領域
「ポスターデザイン」「CG 」「アニメーション」それらの制作を可能にさせる為、デザイン・映像領域では、美術・デザインの基本的な力を定着させた上に、コンピュータを始め、様々な映像メディア機器を積極的に活用し、それらの知識と使用技術を身につけます。
立体造形領域
木、土、石、金属、プラスチックなど、様々な素材に無限に表現の可能性があります。立体造形領域では、3 次元表現を可能にする高度な観察力・表現力を身につけると共に、各素材を楽しむ感性を育てます。
マンガ・イラスト領域
マンガ・イラスト領域では、クロッキーや写生を通して描写力を、マンガ・イラストの基本授業やプロの作品研究などを通して作画力を高めます。また、独自の着眼点を磨くため、世の中を広く知ると同時に自分の興味ある対象について深く追求する力も大事に育てます。

生徒の

美術科では、個性豊かな仲間とともに、しっかりと基礎から美術について学ぶことができます。様々な授業内容により、今まで知らなかった美術と出会い、楽しく制作に取り組めます。苦戦することもありますが、クラスの皆と自身の力を高めあうことで乗り越えられます。大変ですがとても楽しく充実しています!

高校 2年生 伏見中学校出身

先生の

バラエティー豊かな授業で適性を最大限伸ばします!

美術の分野は多岐にわたります。しかし、どの分野においても観察力・描写力・表現力という基本が何より重要です。美術科では、それら基本の力と、制作する上での心構えをしっかりと育てつつ、バラエティー豊かな授業で皆さんの適性を最大限伸ばし、希望進路を実現します。

美術科担当教員 小野 健太郎 先生