コース紹介course

高校コース・選択

普通科・進学Aコース

パティシエ選択

実習の授業を通して多くの経験を積み、基礎となる技術力を楽しみながら身につける

実習の時間を多く設け、製菓・製パンに興味のある人に、より充実した学校生活を送ってもらうことができます。その中でチームでの作業を通じて社会で必要なコミュニケーション能力とともに、基本から応用まで多彩な知識と技術を習得していける授業を展開します。

パティシエ選択のPOINT

  • 多くの実習時間を通じて、多彩な知識と技術(計量からラッピングまで)を習得
  • 実習を通して人との関わりやコミュニケーション能力を育成
  • 大学、短大、専門学校の指定校枠が多く、幅広い進学先をサポート

生徒の

パティシエール選択では、お菓子の基本はもちろん、ラッピングやアイシング、デコレーションなども教えてもらえます。2年生になると調理も始まり、週に1回皆で自分たちの昼食も作ります。また、文化祭では自分たちで作ったパンやお菓子などの販売もしています。先生は厳しい時もありますが、皆楽しく学んでいます。

高校 2年生 修学院中学校出身

先生の

「ケーキは、卵の力でふくらむことを知っていますか?」様々な、食品のマジックを、製菓実習を通して学んでいきます。
「今日、何作るの?」「『おいしい』って言ってくれた!」「また、味見させて!」生徒たちは、このような会話の中、笑顔で過ごしています。『毎日が充実した、楽しい、自信ある高校生活』が実現しています。

田辺 利加先生

西山 直子先生の顔写真